私学教員の採用形態と採用試験について|教員採用、教員募集ならエデュリンク

オンライン登録

私学教員の採用形態と採用試験について

このページでは、私学の採用形態の違いと選考方法、校務分掌について解説します。

私学教員の採用形態ついて

私学の採用形態には、「専任教諭」「常勤講師」「非常勤講師」の3つの形態があります。
専任教諭はいわゆる正規採用(無期雇用)のことで、民間企業でいうところの正社員のことです。基本的に専任教諭として採用されると、定年までその学校に勤める事となります。
非常勤講師は授業のみを担当する、パートタイム的な雇用形態です。 基本的には契約した授業時間だけの勤務となり、校務分掌や学級担任を担当する事もありません。通常は1年の契約期間となります。
※ 校務分掌についてはこの記事の後半で解説しています。
常勤講師(専任講師、任期付専任教諭など含む)は学校によって位置づけの異なる点は若干ありますが、業務の中身や勤務時間に関しては専任教諭とほぼ同様です。
異なるのは常勤講師が有期雇用であり、契約期間が決められているということです。
契約の多くは一年ごとの更新となり、3年くらいを目安に専任教諭として採用するかどうかの判断をする学校が多いようです。

私学教員の採用試験について

専任教諭や常勤講師の採用試験では、書類選考に始まって、筆記試験・面接・模擬授業など一通りの選考を行うことが多いようです。
(学校によっては小論文や適性検査などが追加される場合もあります)
筆記試験のレベルは学校によってもまったく異なりますが、専門科目の学科試験の結果を優先するという判断基準は共通のようです。
特に中学高校の教員の採用試験では、教職教養や一般常識の点数がどんなに高かったとしても、専門科目の点数が基準を満たさなければ、その教科を教える教員としての適正がないと判断されてしまうことになってしまいます。
一方、非常勤講師の選考は時期やコマ数など学校の状況によっても変わってきます。専任教諭や常勤講師のように一通りの選考試験を行う場合もあれば、書類選考と面接のみというケースもあります。
募集の時期や学校側の状況によっては、応募の締め切りまでの日数にあまり余裕のない場合があります。 事前に揃えられる書類は手元に準備しておきましょう。
応募に際し、提出が必要となる主な書類は以下の通りです。

履歴書 氏名・住所・学歴・職歴などの基本情報を事前に記入しておき、書類提出時には志望動機のみを追記し、証明書用の写真を添付すれば良いだけの状態のものを準備しておきましょう。
職務経歴書 パソコンなどで最新のデータを常に管理し、プリントアウトすれば良い状態にしておきましょう。
卒業証明書
成績証明書
大学に申請する際は多めに申請するようにしましょう。

なお、教員免許状に関しては、原本を手元に必ず保管しておいてください。
また、採用試験を受験するにあたっては、教員免許状の有効期限の確認を忘れずにしておきましょう。
教員免許更新制については文部科学省のサイトをご確認いただくか、各教員免許更新制に直接お問い合わせください。
「教員免許更新制」(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/(外部リンク)

校務分掌とは

校務分掌(こうむぶんしょう)とは、学校内における運営上不可欠な業務分担のことで、業務分担のために編制された組織体系を指す事もあります。
児童や生徒の暮らし、進路の指導や時間割の成形、保持者団体や同窓会など外部団体との交渉・すり合わせなどについて、各々を担当する分掌組織が中心となって業務を行います。
各分掌組織は○○部・○○課などの名称となっている事が多く、どの分掌組織がどれほどの役割を担うかは学校によって異なります。

主な校務分掌

総務 年間日程の調整、入学式・卒業式などの企画、保護者団体や同窓会との連絡および調整などを行います。
教務 カリキュラム(教育課程)の検討や授業時間割の作成、生徒の成績評価の処理、教科書に関する事務処理、定期考査の運営などを行います。
生徒指導
(生活指導)
校則などの検討、生徒の校内生活や校外生活上の指導指針の作成および指導。交通安全指導や拾得遺失物の管理などを行います。生徒がケンカをした、物を壊した、外部からの通報があった、などの際に生徒から事情を聞く担当となります。
進路指導 生徒の進路活動に関わる分掌です。進学・就職活動の支援、進学・就職情報の収集や発信を行います。模擬試験・模擬面接の計画・実施、進学のための補習などの調整を担当します、
保健 保健室の管理、健康・身体に関する調査・発信、身体測定や各種検診の計画・実施、学校医との連絡・調整などを行います。大掃除や避難訓練も担当します。
研修 教職員の研修(教育実習も含む)の計画・実施などを行います。
広報 受験対象者(保護者)等に向けた学校の情報発信、学習塾など受験指導を行っている機関への情報発信、入試説明会・学校説明会など各種イベントの企画・実施を行います。最近ではどの学校でもホームページによる広報活動が盛んになっています。